« スーパーサイズ・ミー | トップページ | ゲームの創造性 »

エコロジーなデザイン

JUNgemよりトラバ.

中崎町の天人(AManTO)のオーナーであるJUNさんが、知り合いの住み家をコンバージョンした話ですが、ブリコラージュ的なエコデザインの発想の成功例です.

手法としては手近に有るものを利用して快適な空間を作るというものですが、単にお金がないバラック的な建築ともとられがちです.単なるバラックとデザインとの違いを、デザイナーは説明する必要があるでしょうね.
某住宅雑誌に「住宅力が上がってきた」という記事が昔有りました.新建材に囲まれたピカピカの空間より古い使い込まれた空間の方が良いという価値観は浸透してきましたが、その先の手法や考え方はまだ過渡期の様な気がします.

|

« スーパーサイズ・ミー | トップページ | ゲームの創造性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコロジーなデザイン:

» コンバージョンの基層思想と方法論への影響(天人方式の場合) [AManTO天然芸術研究所]
「エコロジーなデザイン」よりトラックバック 2003年よりitem-s design主催しておられるtakashihojo氏がおっしゃる 「使い込まれた空間の方が良いという価値観が浸透しても その先の手法や考え方はまだ過渡期である…」というお話についてですが、 私の場合、コンバージョンの際、大切にしている点が幾つかあります。 今日はそのうち数例を簡単な部分だけお話したいと思います。 コンバージョンの基層思想と方法論への�... [続きを読む]

受信: 2006.04.20 05:31

« スーパーサイズ・ミー | トップページ | ゲームの創造性 »