« 研究室 | トップページ | ミラノサローネ 2008 »

今度はプチ花見

080405tr

土曜日はNPOの打ち合わせで鶴見緑地へ.生き生き地球館の前は少しですが桜が植えてあり、歩きながらプチ花見でした.ここは花博以来なのですが、同行者の人とその頃何してたかでジェネレーションギャップを感じました.もう18年も前の話なのですね.
来週にワークショップを予定していますが、メンバーのコミュニケーションが良いので、良い会になりそうで今から楽しみです.

夕方はけんちくの手帖へ.びっくりしたのは、発表者が全員プレゼにワードの画面そのまま使っていること.
文字も印刷時に9〜10ポイント程度で、細かすぎて殆ど読めないのでプロジェクターを使う意味がありませんでした.ワードのインターフェイスも邪魔なだけだし.
以前に京都で講演会を聞きに行った際、レジュメを紙で配ってそれ以外は発表者が立って喋るだけという講演がありましたが、話の論理構造が解りやすく良い講演であったのを思い出しました.
何か映しとかないと不安になるのかもしれませんが、プロジェクター依存症にならないように気をつけないといけません.

終わり間際のトークセッションでのヨシナガさんのコメントで、構造化と建築家の関係の話を言われていましたが、それがプロダクトデザイナーと設計者の関係に似ているところとそうでないところと両方あり、興味深く聞けました.

|

« 研究室 | トップページ | ミラノサローネ 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12122/40790456

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はプチ花見:

« 研究室 | トップページ | ミラノサローネ 2008 »