« ツバメの巣 | トップページ | 住開(すみびらき)アートプロジェクト »

インプット力をつける

昨日、「マンガでインプット力をつけるサロン」をしました.参加頂いた方、有り難うございました.
んで、内容を簡単にまとめましたので、復習&未参加の方の参考までにどうぞ.
ちょっとカタ目にかいていますが、雰囲気としてはBSマンガ夜話を目指しています.次回も企画したいと思いますので、お気軽に参加してください.

----------------------------

ワークショップの考え方
・講義形式で講師の知っていることを一方的に学ぶのではなく、お互いに学んでいく「知が生まれる場」にしたい


インプットを考える2つのトピック

・アフォーダンス(affordance)
「認知理論」の分野の用語.アフォード(afford)の意味は、「〜ができる、〜を与える」.
ジェイムズ・J・ギブソンが研究者の第一人者.
元々は人工知能などの人の知性の研究から生まれた考え方で、周囲の空間の「壁の間を自分がすり抜けられるかどうか」や「自分が目の前の段差を上れるかどうか」などという、環境の中にある自分にとっての価値ある情報(「環境が人に提供する『価値』:佐々木正人「アフォーダンス――新しい認知の理論」」)のこと.
様々な周囲の環境が「アフォーダンス」として提供している価値を受けとる量を増やせれば、アウトプットするアイディアの質も向上する.
エクササイズ:レンガブロック1個の使い道を50以上挙げる(exp.重り、ドアストッパー、金槌の代わり,,,)

・ファシリテーションのテクニックから
(ファシリテーションとは会議などの複数人での合意形成をする場での、「場」や「会議の進行」をつくる役割.)
人間は自分の都合の良いようにインプットしがちであるということ.
コミュニケーションでのトラブルの多くは、相手の言動の意図を受け手である自分が勝手に解釈して、それを「事実」として認識してしまうので、その時点で相手の本当の意図と自分の勝手な解釈が乖離してしまう事により生じる.
ファシリテーションのテクニックとしては、事実:相手の言動 と、推察:言動から自分が推察した相手の意図 を分離して考えてインプットする.

一般的なファシリテーションに於ける推察〜介入のサイクル
・言動の分析→・意味の推察→・介入するかどうかの判断→・言動の確認→・推察の共有→・違う見方があるかどうか


マンガを用いた「インプット力をつけるワークショップ」
マンガをコンテンツとコンテキストに分けて考える
・コンテンツ:あらすじに相当する部分、映画に於ける脚本
・コンテキスト:表現に相当する部分、映画に於ける演出
※同じあらすじでも作者が違うと表現が異なり、違うマンガになる.(鉄腕アトムのあらすじを荒木飛呂彦が描いたらどうなるか?)

普段漫画を読む際は、ストーリーを追って作者の表現の意図まで読み解くことはなかなかしない.
コンテキストとしての作者の表現を読み解く事で、インプットのトレーニングにする.

エクササイズ:手塚治虫「どろろ」の2ページをテキストにコンテキストを読み解く

次回以降の予定
ある1冊のマンガを各自購入して、その中で作者のコンテキストを読み解いて、お互い発表、議論しあうことでマンガを通してインプット力を増やすトレーニングにする.
雰囲気としてはBSマンガ夜話

手塚治虫「鉄腕アトム」:コマ割り、構図などの基本的な構成を作った人
安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」:アニメーターなので、動きを意識したマンガ
水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」:貸本屋時代からの「古い」マンガ手法を受け継ぐ人
羽海野チカ「3月のライオン」:少女漫画としての構成をわかりやすく描いてある
松本大洋「竹光侍」:ストーリーに合わせて絵柄を変化させている
黄色い本「高野文子」:構図が自由で、構成も大胆な作品
他、

来月(6月)の末を目標にまた日程設定します.
中崎町サロン文化大学のHPを参照下さい.

次回以降、はじめて「マンガでインプット力をつけるサロン」に参加する人は、開始時刻の30分前に集合してください.
マンガのコンテキストを読み解くことを中心に簡単にワークショップ自体の説明をします.

|

« ツバメの巣 | トップページ | 住開(すみびらき)アートプロジェクト »

コメント

ありがとうございました!
さっそく昨日の様子を
アップさせていただきました!
http://nakazakicho-u.blogspot.com/2009/05/blog-post_30.html

投稿: 狩野 | 2009.05.30 15:14

昨日は引っ越しでお疲れの所、有り難うございました!
アフォーダンスのサイト、最初の所に解りやすく概要をかいてあるので良いですね.

今日も大変だと思いますが、がんばってください.

投稿: ホジヲ | 2009.05.30 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプット力をつける:

« ツバメの巣 | トップページ | 住開(すみびらき)アートプロジェクト »